喫煙は、女性の生殖機能に関わるホルモンの活性に影響を及ぼす可能性がある。尿中の女性ホルモン代謝産物と卵胞刺激ホルモン(FSH)の、月経周期に合わせた変動パターンと喫煙との関係を調べた研究で、1日に10本以上喫煙する女性では、黄体期から卵胞期に移行する時期のFSH値が30〜35%上昇していることが明らかになった。米カリフォルニア州保健局のGayle C. Windham氏らが、Environmental Health Perspectives誌2005年10月号に報告したもの。

ログインして全文を読む