第13回日本消化器関連学会週間(DDW-Japan)最終日の10月8日、「EMR適応外早期胃がんはESDで根治できるか?」をテーマにしたシンポジウムが開催された。この中で、静岡がんセンター内視鏡科の蓮池典明氏が、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)が、ESDの有効性と安全性を確かめる前向き臨床試験をまもなく始めることを明らかにした。

ログインして全文を読む