二日酔いのときの頭痛ほどつらいものはない。しかし二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを代謝する酵素が働きにくい人でも、ふだん飲むお酒の量が多ければ、頭痛が起こりにくい可能性のあることがわかった。三越厚生事業団三越診療所の横山雅子氏らが第12回国際頭痛学会で発表した。

ふだん飲むアルコール量が多いと二日酔いのとき頭痛は起こりにくいの画像

ログインして全文を読む