虎の門病院副院長の熊田博光氏は、B型慢性肝炎に対する核酸アナログ製剤の使い方について、初回投与例では第1選択がエンテカビル、第2選択がアデフォビルになるとの見通しを明らかにした。また、ラミブジン投与後HBVに変異が出現して、肝炎が再燃した症例については、第1選択がアデフォビル、第2選択がインターフェロン、第3選択がエンテカビルになるとの見通しも示した。

虎の門病院副院長の熊田氏、B型慢性肝炎に対する核酸アナログ製剤の使用方針を提案の画像

ログインして全文を読む