非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の肝細胞では、強い酸化ストレスがテロメアの短縮に関わり、細胞老化によって肝再生能も低下していることがわかった。「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における酸化ストレスと細胞老化」と題して、京都府立医大大学院消化器病態制御学の中島智樹氏らの研究グループがDDW-Japanで発表した。

ログインして全文を読む