米Merck社は10月6日、開発中のパピローマウイルス(HPV)ワクチン「GARDASIL」のフェーズ3臨床試験で、HPVの16型、18型による子宮頸部の高度な前がん病変と非浸潤性子宮頸部がん(CIN2/3とAIS)の発生が100%抑えられたと発表した。

ログインして全文を読む