特殊な内視鏡器具を用いて胃の粘膜下層を切開し、表面の病変部を剥離する「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」が、最近急速に普及している。ただ、難しい手技であるため、従来のスネアを用いた方法に比べ、出血や穿孔などの偶発症を来す頻度も高いとされている。

ログインして全文を読む