C型慢性肝炎の患者にインターフェロンを投与したところ、インスリン感受性も改善した。これは、C型肝炎ウイルス(HCV)がインスリン抵抗性に関与しているためではないか、佐賀大学付属病院肝臓・糖尿病・内分泌内科の水田敏彦氏らは、「C型慢性肝炎における耐糖能、インスリン感受性の解析」と題したポスターセッションで、こんな研究成果を発表した。

C型慢性肝炎患者にインターフェロンを投与したらインスリン感受性が改善したの画像

ログインして全文を読む