第13回日本消化器関連学会週間(DDW-Japan)初日の10月5日、糖尿病治療薬のチアゾリジン誘導体によって、胃がん細胞の増殖が抑えられる可能性が示された。横浜市立大学分子消化管内科学の藤澤聡郎氏がポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む