東京都は9月28日、医療安全対策に関する立入調査結果を公表した。インシデントレポートなどの報告制度、医療安全管理委員会の設置、医療安全管理に関する指針策定など、安全管理体制面についてはほとんどの病院で整備されていたが、誤薬対策や転倒・転落対策などの具体策に取り組んでいる病院は60%台にとどまっていた。また、前回の2002年度調査で半数前後と立ち遅れていた院内感染予防対策の実施率は、大幅に改善されていた。

ログインして全文を読む