限局性前立腺がんには、一般に放射線の外部照射が行われる。が、治療後、PSA値が上昇(生化学的再発)し、その後、臨床的な再発をみる患者が存在する。米ハーバード大学医学部のAnthony L. Zietman氏らは、フォトン、プロトン・ビームの3次元原体照射(3D-CRT)を行えば、高線量でも安全性に大きな変化はなく、生化学的再発を49%減らせることを明らかにした。詳細はJournal of American Medical Association(JAMA)誌2005年9月14日号に報告された。

ログインして全文を読む