京都大学大学院医学研究科心臓血管外科教授の米田正始氏らのグループは、外科と再生医学を融合させた難治性の虚血性心疾患に対する研究開発を進めており、一部は既に臨床応用を開始していることを明らかにした。研究成果は、9月21日に行われたシンポジウム5「治療難渋性虚血性心疾患に対するアプローチ:PCIから再生医療まで」で発表された。

ログインして全文を読む