医師主導型臨床試験に採択された11件のうち、4課題については、来年度に臨床試験を開始されることが明らかになった。文部科学省研究振興局ライフサイエンス課の重藤和弘氏が、シンポジウム「医師主導型臨床試験の現状と問題点」の中で確認したもの。試験開始後、各課題の中間評価を出し、「進捗状況が遅れている課題については厳しく評価する」(重藤氏)という。

医師主導型臨床試験、4課題が2006年度には開始の画像

ログインして全文を読む