遺伝子のメチル化率を蛍光強度で評価する新しいメチル化診断チップを、山形大学医学部人体病理病態学の本間直之氏らが開発、札幌で開催された日本癌学会で「メチル化診断チップの開発とその可能性」と題して、その有効性を報告した。

山形大がメチル化診断チップを開発、がん細胞判定で有用性示すの画像

ログインして全文を読む