急性心不全の戦いに勝つために必要なのは、的確な情報収集、正しい情報の解釈、そしていくつかの予測を立てることだ−−。9月19日に行われた教育講演エキスパートに聞く「心不全」で、トップバッターとして登壇した聖路加国際病院の西裕太郎氏(写真)は、急性心不全の初期対応に挑む際の心構えを語った。

ログインして全文を読む