乳房X線撮影(マンモグラフィ)検診は、真に読影力のある医師が行うべきであり、読影のライセンスも永久資格ではなく定期的なチェックをすべきである―。名古屋医療センター放射線科の遠藤登喜子氏が、「マンモグラフィ検診の問題点−私の主張−」と題したシンポジウムでこう主張した。

医師はマンモグラフィ読影力の向上を! 資格も更新制にすべきの画像

ログインして全文を読む