日本高血圧学会が2004年10月に発表した高血圧ガイドライン2004では、家庭で測定する血圧について、高血圧治療を判断する基準値を、収縮期血圧135mmHg、拡張期血圧を85mmHgと規定している。しかし、一般人の間では、この値を知っている人は100人に1人程度とごくわずかで、大半の人が高めに考えていることがアンケート調査の結果、分かった。

ログインして全文を読む