大手臨床検査受託会社のビー・エム・エル(BML)は慢性骨髄性白血病の治療薬であるイマチニブ(商品名:グリベック)の効果と関係のある突然変異を検出するサービスをこのほど開始した。9月14日から札幌市で始まった日本癌学会で展示したもので、イマチニブの効かない患者の判別などに利用できそうだ。

BML、イマチニブの効き目に関係する変異の解析サービスを開始の画像

ログインして全文を読む