シクロオキシゲナーゼ-2(以下、COX-2)阻害薬をACE阻害薬と併用することで、抗腫瘍効果が高まることが明らかになった。これにより、心血管系合併症のハイリスク患者には2剤の併用が効果を示す可能性が見えてきた。大阪大学医学部消化器内科系の辻井正彦氏らが、シンポジウム「個別化治療への最先端研究:消化管がん」の中で報告した。

COX-2阻害薬とACE阻害薬、併用で大腸がんの抗腫瘍効果がアップの画像

ログインして全文を読む