経口抗ウイルス剤であるエンテカビル(商品名:バラクルード)が慢性B型肝炎ウイルス(HBV)に感染した広範な患者において、ラミブジンよりも優れているか、もしくは同等の効果を示すことを証明する3件の臨床試験のデータが、8月にインドネシアバリ島で開催された第15回アジア太平洋肝臓学会で発表された。別の臨床試験でも、1年間の治療後、ヌクレオシド系薬剤の投与を受けたことがない慢性B型肝炎患者群では、エンテカビル耐性の発現を示すデータは確認できなかったという。

ログインして全文を読む