わが国のがん領域における抗体医薬の開発が急ピッチで進み始めた。9月14日午後に札幌市で開催された日本癌学会のシンポジウム「抗体療法の現状と今後」では、ほぼ満員の参加者が詰め掛ける中、抗体医薬の概要と日本における開発状況が明らかにされた。終了予定時刻を過ぎても多くの参加者が残り、抗体医薬への関心の高さがうかがわれた。

がん領域の抗体医薬、国内臨床開発が加速の画像

ログインして全文を読む