がん患者の経済的な負担は、入院や外来、民間保険料などを合計すると、年間100万〜180万円にも及ぶことがわかった。東北大学大学院医学系研究科医療管理学の濃沼信夫教授と伊藤道哉講師が、「がん医療経済と患者負担最小化に関する研究」と題してポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む