魚の油を摂取しても、心停止や不整脈の危険性はほとんど減らないことが明らかになった。スウェーデンのストックホルムで開催された第27回欧州心臓病学会(ESC)3日目の9月5日、オランダのWageningen食品科学センター(WCFS)を中心に、英国やドイツなど欧州の26施設で行われた臨床試験の結果として報告されたものだ。

ログインして全文を読む