日本乳癌学会([http://www.jbcs.gr.jp/])は2005年9月、インターネットを利用した新しい乳がん登録システムの運用を開始した。患者の個人情報を医療機関の外に出すことがなく、匿名化された状態でデータの送受信や解析ができるのが特徴だ。

ログインして全文を読む