米Johns Hopkins大学の研究者らはこのほど、移植を受けた心臓、腎臓、肝臓の拒絶反応を防ぐために使用される免疫抑制剤ミコフェノール酸モフェチルが、炎症性の眼疾患に対しても有効である可能性を示す研究成果を発表した。

ログインして全文を読む