アストラゼネカは、上皮成長因子受容体(EGFR)のチロシンキナーゼ阻害剤で非小細胞肺がん治療薬の「イレッサ」(一般名:ゲフィチニブ)の売上高が昨年と比べて10%程度減少していることが明らかとなった。8月30日に開催した記者」懇談会で明らかにされた。

ログインして全文を読む