現在、大腸がんの発生やその進展に関して、病変部の表面微細構造(pit pattern)を内視鏡で拡大観察して、形態学的な特徴分けを行い、診断・治療の一助とする「Pit pattern診断」が普及してきている。

ログインして全文を読む