救命専門家による心肺蘇生時の人工呼吸はガイドラインで規定された速度の3倍も早く、そのために蘇生率が大幅に悪化している可能性がある。救急救命教育に大きな課題を投げかけることになりそうな研究成果が3月8日に発表された。米ミネソタ大学医学部のDemetris Yannopoulos氏が報告した。

ログインして全文を読む