ST上昇心筋梗塞(STEMI)患者に対する再還流療法は、線溶治療、経皮冠動脈治療(PCI)のいずれを適用するにしても、発症から治療開始までの時間が短いほど利益は大きい。しかし、米国の非営利HMO(会員制健康維持組織) Kaiser Permanente のDavid J. Magid氏らの研究は、患者が時間外に病院に到着した場合、時間内到着に比べ、PCI開始までに20分以上余分にかかっていることを明らかにした。詳細はJournal of American Medical Association(JAMA)誌2005年8月17日号に報告された。

ログインして全文を読む