厚生労働省は、インターネットを介して医療用医薬品の情報を患者および一般市民に直接提供する「患者向医薬品ガイド」を作る。対象となるのは、添付文書に「警告」欄が設けられているなど、副作用や使い方の点で特に注意が必要な医療用医薬品。

ログインして全文を読む