農林水産省は8月18日、埼玉県鴻巣市の採卵鶏農場の飼育鶏に、同日、H5亜型のA型インフルエンザウイルス抗体陽性が確認されたと発表した。全国一斉サーベイランスの一環として、抗体検査を実施していたところ、8月16日にA型インフルエンザウイルスの抗体陽性を疑う所見がみられたため、動物衛生研究所で同定検査を行った結果、確認されたもの。ウイルス分離検査については、現在実施中だという。

ログインして全文を読む