心臓手術以外の周術期におけるβ遮断薬の投与は、深刻な心血管イベントが減少する傾向は見られるものの、気管支痙攣などのリスクが利益を上回る可能性がある。カナダMcMaster大学のPhilip James Devereaux氏らは、無作為割付比較対照試験(RCT)結果の系統的レビューとメタ分析をもとに、こんな研究成果を報告した。詳細は、British Medical Journal誌2005年8月6日号に掲載された。

ログインして全文を読む