米国民の半数以上が1つ以上のアレルゲンに陽性であることが、大規模調査の結果、明らかとなった。米国立衛生研究所(NIH)が8月4日に発表したもので、アレルギーを持つ人の方が普通である時代が来ているようだ。

ログインして全文を読む