中国は1959年から1961年にかけて飢饉に見舞われたが、その間に安徽省蕪湖で生まれた人が後に統合失調症を発症するリスクは、約2倍に上ることがわかった。スコットランドAberdeen大学のDavid St Clair氏らの研究グループが明らかにし、2005年8月3日号のJournal of American Medical Association(JAMA)誌で発表した。

ログインして全文を読む