国立感染症研究所の感染症情報センターが8月5日に公表した2005年第29週(7月18日〜7月24日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、ヘルパンギーナの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)は第12週以降、第28週まで連続して増加してきたが、第29週には大きく減少した。

ログインして全文を読む