英国Acambis社は8月4日、ベルギーのフランダース・バイオテクノロジー大学間研究所(VIB)と研究協力・ライセンス契約を結び、画期的な新規インフルエンザ・ワクチンの開発に着手したと発表した。A型とB型の両方に有効で、ウイルスが変異しても効果を失わないユニバーサルなワクチンになるという。発表通りのワクチンが完成すれば、地域的な流行の予防には大きな効果を発揮するはずだ。

ログインして全文を読む