日本オルガノンは、遺伝子組み換え卵胞刺激ホルモン(FSH)製剤「フォリスチム」を8月11日に発売する。日本で初の組み換えFSHの実用化となる。生殖補助医療を目的に、複数卵胞発育のための調節卵巣刺激が効能・効果として認められており、不妊治療に利用できる新たな薬剤が登場することになる。なお、フォリスチムは、保険の適用外の製品だ。

ログインして全文を読む