米国厚生省(HHS)や米国疾病対策センター(CDC)、米国病院協会(American Hospital Association)、米国外科学会(American College of Surgeons)など10団体は、このほど、手術の合併症予防を目的としたプロジェクト、「The Surgical Care Improvement Project」(SCIP=スキップ)を発足した。2010年までに、手術の合併症発症率の25%削減を目指す。

ログインして全文を読む