8月3日に山形市で開催された札幌がんセミナー国際がんシンポジウムで、抗がん剤塩酸イリノテカンの遺伝子型と副作用に関する発表が日米の研究者から連続して行われた。

イリノテカンの副作用と遺伝子型の関係の解明が進展の画像

ログインして全文を読む