日本循環器学会(日循)は7月10日、循環器専門医を志望する若手医師を対象に、第1回「循環器専門医を志す研修医のための卒後セミナー」を開催した。学会が後期研修を控えた研修医を集め、こうしたガイダンスを開くのは初めて。会場となった大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)には、卒後2年目の研修医を中心に、全国各地から56人の医師が集まった。

ログインして全文を読む