協和発酵と三菱ウェルファーマが申請している遺伝子組み換えティッシュ・プラスミノーゲン・アクチベータ(TPA)製剤(一般名:アルテプラーゼ、協和の商品名「アクチバシン」、三菱の商品名「グルトパ」)の脳梗塞への適応拡大が、7月29日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会を通過した。次回の薬事・食品衛生審議会で、報告事項となるため事実上適応拡大が決まったことになる。

ログインして全文を読む