EGF受容体の遺伝子配列の違いとそれを標的とする阻害薬の効果との関連を否定したNew England Journal of Medicine誌の論文に対して、日本の専門家から異論が相次いでいる。7月23日に札幌で開催された日本肺癌学会ワークショップでは、「遺伝子解析に精度に問題があるのでは」という声まで聞かれた。

ログインして全文を読む