タカノ橋中央病院外科の内田一徳氏が、内視鏡下における結紮を容易にする画期的な把持鉗子(写真)を考案、消化器外科学会最終日の7月22日、一般口演で発表した。

内視鏡下の困難な結紮を容易にする画期的な把持鉗子が報告の画像

ログインして全文を読む