日本医科大学生化学第二講座教授の島田隆氏は、2005年1月現在で全世界における遺伝子治療の登録件数が1020件に到達していることを明らかにした。このうち約半数の669件が米国の件数であるのに対してわが国の件数は18件にとどまっており、大きく遅れをとっている。7月27日に開催された日本神経科学会のモーニングレクチャーでの講演「日本における遺伝子治療の現状」で島田氏が発表したものだ。

ログインして全文を読む