第60回日本消化器外科学会定期学術総会最終日の7月22日の一般口演で、慶應義塾大学外科の小澤壮治氏が、内視鏡下における縫合・結紮を容易にするため、新たに縫合針と糸を開発したと発表した。

ログインして全文を読む