腹腔鏡下手術は侵襲性が低い半面、手術が難しく、偶発症トラブルが高いことが知られているが、手術の際に行う二酸化炭素ガスの注入が肝機能に悪影響を与える可能性が指摘され、専門医の注目を集めた。

ログインして全文を読む