東京薬科大学薬学部教授の岡田弘晃氏らの研究グループは、ポリ乳酸グリコール酸(PLGA)によるマイクロカプセルにsiRNAを封入することで、持続的にsiRNAの効果を発揮させられることを、マウスを用いた実験で確認した。

ログインして全文を読む