日立製作所の研究グループは、超音波を当ててキャビテーションを発生させ、腫瘍を傷害するがん治療で、治療中にキャビテーションが実際に発生していることをモニタリングする手法を開発、動物実験で確認した。将来、ヒトで治療する場合にも利用できる可能性がある。成果は7月22日に長崎県佐世保市で開催された第21回日本DDS学会で発表された。

ログインして全文を読む