関節リウマチ患者の骨コラーゲン構造は、老化型の架橋構造が多く、骨質の低下につながっていることを、東京慈恵会医科大学整形外科の斉藤充氏らが、「関節リウマチ患者における骨質因子としての骨石灰化度とコラーゲン架橋形成」と題した口演演題の中で報告した。

ログインして全文を読む