2004年の診療報酬改定で新設されたハイケアユニット(以下HCU)の開設により、平均在院日数の短縮や重症患者の受け入れ増加により、増収になったことがわかった。日本病院学会で7月18日、特定医療法人雪の聖母会・聖マリア病院の立花秀之氏らが発表した。

ログインして全文を読む